教育について

私立では中高一貫教育が増えている

公立で義務教育を受ける場合、基本的には小学校6年、中学校3年になります。
中学を卒業するときに高校受験をして、別途高校で3年間学びます。
これまでは、高校受験が最初の受験になる子が多かったようです。
高校で勉強をした後は、人によっては大学に進学したり、専門学校進学、その他就職などの進路を選択することになります。
私立学校において多く取り入れられるようになってきたのが中高一貫教育です。
この場合、小学校を卒業するときに中学受験をします。
そして中学に入学したら、6年間同じ学校で学びます。
一応中学校と高校で分かれますが、校舎などは同じのことが多いです。
メリットとしては、高校受験がないことです。
さらにカリキュラムに柔軟性を持たせられます。
中学と高校に分かれている場合、どうしても高校受験対策が必要になります。
これが大きな負担になります。
受験をした後に新しい学校になれる必要もあります。
中高一貫なら、受験の負担も、高校進学時に慣れる必要もありません。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.